読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セクハラって何ですか?

 

私はあれをセクハラなんて呼び方でいいのか、と思っていた。なので、こんなものはセクハラのうちに入らないという考えの人も存在するんだろうことは頭で理解できていたつもりだったけど、実際にタイムラインに現れたときにはかなり動揺した。ああ、やっぱり本当にいるんだ、って。

 

 

 

なんかわからないけど、すごいものを感じた。お爺ちゃんじゃないんだよ。彼のツイートを信じるなら現在35歳らしい。私といくつも変わらなくても、そういう感覚なんだ。

 

まあ、わかる部分もある。たしかにちょっと騒ぎ過ぎかもしれない。今まで石原が、橋下がもっと酷いことを言ってきたけど、たいして取り上げられやしなかった。それも野次なんかじゃなく、演説や会見で言ってきたのにだ。その整合性が取れない。そうした部分はたしかにある。

でも、だからこそ、この機会にセクハラとは何なのか、差別とは何なのか、何がOKで何がNGなのか、もっと広く周知させる必要があるんじゃないか。これはチャンスだ。

 

セクハラとは何なのか。それこそを報道して欲しいのに、当たり前ではあるが、マスメディアはなかなか思うとおりに動いてくれない。ただ単に特定の議員を叩くだけになってしまっているところもある。webではモヒカンがもっと獲物を求めている。早く犯人の特定を、と。たしかに悪い奴を血祭りに上げることで、悪事をはたらくことのリスクが高まる。よし、セクハラは良くない、もうやめよう、と多くの人が思うだろう。でも、セクハラが何なのかわからない。セクハラってもっとエッチな事じゃないんですか? 振り出しに戻る。

 

 

 

こんなツイートも見かけた。

 

 

ジェンダー・ハラスメント:女性への侮辱的・敵意的態度を表す言語的・身体的・象徴的行動
②迷惑な身体的注目:性的な雰囲気に満ちたコメントや接近
③性的強制:性的な付き合いによって仕事上の報酬を与えるというほのめかしや明白な申し出

 

たしかにわかりやすいものではあるが、この基準に照らしあわせてもこの増田が明確にセクハラだと言えるかといえば難しい。Wikipediaだってかなり長い記事なのに、それを読んでも先の増田は自分の行為はセクハラではないと主張している。