無塩醤油をググってわかったいくつかのこと

私は、スモークサーモンには醤油の香りが乗ることで美味しさが増すと思っていて、でもただでさえしょっぱいスモークサーモンにさらに塩味が強まることが少し嫌だと思う気持ちもあり、それでもやっぱり醤油を垂らしながら食べていたんだけど、無塩の醤油とか無いのかよ、絶対あるだろ、と思って検索すると案の定出てくる。

検索ヒット数はかなりあるけれども、どうやら該当商品は概ね2種類に限られ、たぶんもっと懸命に探せばまだまだ出てくるんだろうけど、ざっと見た感じでは2種類だった。

一方は小袋入りの商品で、*1 それは減塩商品を多数扱っているサイトのオリジナル商品だというが、宝塚にあるというその会社の事業内容には商品の開発・販売とあって、生産しているとは記されていなかったので、自社サイトでの小袋での販売という商品企画開発を行っただけで、実際の無塩醤油の開発・製造は他社が行っているんじゃないかと思われる。*2

もう一方はスプレーに詰めた商品を中心に扱っていて、*3 こちらは醤油と名の付く会社で、福岡にて文政年間の創業らしいので、たぶん実際に製造もしているっぽくて、でもその特殊製法よりも醤油ソムリエの存在に重点をおいたブランディングをしているところに若干の違和感が残った。*4

そうしてもう少し他のサイトを漁ってみると、無塩醤油の健康効果を説くジャーナルが見つかる。*5そこで著者らが無塩醤油様調味料を開発したとの記述もあり、なるほど彼らが開発したものを使って上記商品が製造されているんだろうなと納得した。著者名の中には福岡の協同組合の名前もあった。

ところでジャーナル内ではJAS規格の「しょうゆ」の定義とは異なるので「醤油様」と記述するとされており、しかし上記2社製品はいずれも「無塩醤油」と謳っていることが気になった。

そもそもJASとは何かというと、日本農林規格のことで、日本農林規格法に基づいて定められた規格に合致するものに認定を与えるものらしい。*6つまりはJISの農産物版であり、それが目指されるべき規格ではあるが、規格外でその語の使用が禁じられるたぐいのものではないようだ。

日本農林規格法ではそれとは別に品質表示の義務付けも定められていて、*7 その規格でも食塩を用いないものは「しょうゆ」に満たないようだが、*8 これは別途に「品質表示」が正確に示されていれば広告表示は可能なのか、あるいは「しょうゆ」ではなく「醤油」表記だから可能なのか、もしくはまったく可能ではないのか、そこまでは調べがつかなかった。

崩れ落ちていく

今月めっちゃブログ書いてるような気がしてたけど気のせいだった。まだ10本目らしい。2日に1本以上のペースのような錯覚。

感染症の影響で仕事が暇なので、最近はネットばかり見てる。そうすると近頃あまり見てなかったブックマークコメントを見る機会も出てきて、それで失望したり、憤ったりしていた。そんな中で昨日の夜か、見かけたツイートによくわからないくらい動揺している私がいた。

 

 

 

 

 

 

 

 


ワールドワイドウェブを信奉する気持ちは私の中にどこかあって、それが直接的にではないにしても、私がこうしてインターネットに言葉を残す理由のひとつにもなっている。だけどそれが失われつつあって、そのことに気づいていないわけではなかったけれど、気づかない振りをしていた節はあったと思う。ワールドワイドウェブの限界を見て見ない振りをしていたところで、こうして言葉にされてしまって、認めざるを得なくて、それでショックを受けていたんじゃないかと思う。信仰が崩れ落ちていく。

そして、今日だ。今度はそんな抽象的なものではなく、mstdn.jpというひとつのサービスが終焉を迎えることが決まった。JP鯖は国内初のマストドンサーバー*1で、一時は世界一のユーザー数をも持ち、運営母体は変わりながらも3年の間日本のマストドンを牽引してきた。それが来月いっぱいで閉鎖されることが発表された。

 

mstdn.jp

 

マストドンはコストがかかるばかりで何の利益もうまないサービスであることは明確で、運営の分散型ソーシャルネットワーク機構がさほどやる気のないことも目に見えていたことで、少なからずショックはあるものの、ある程度は想定できていたことだ。だけど、そこで挙げられていた理由が、誹謗中傷に対する法的な対応ができないため、というのがまたつらい。まだ何ら法規制が強化された事実もない中で、翌月にはもう閉鎖するというのだから、本当にそれが理由であるのかは疑わしいことろではあるんだけど、大義名分としてはそこを挙げているわけで、これはまたちょっとムズ痒いんだけど、そのあたりはまた落ち着いたら書きたい。

*1:今はインスタンスという言い方をしないらしい

本当に表示方法を変更するテストだけだったんだろうか

世の中カテゴリでスターを消すという試みは、本当にスターの数を見えなくしただけだったんだろうか(いや、そうじゃなくあってほしい)という話。

 

anond.hatelabo.jp

 

増田を読みまして、これはたしかに由々しき問題だと共感できる。しかし世の中カテの件はどうだろう。結局のところ何の成果も発表されずにもとに戻されたので、何ら確かなことは言えないんだけど、ただスターを消してみただけじゃないと信じたい気持ちがある。

 

 

 

 

 


現在のスター投票制による「人気のコメント」の存在が、強い言葉で極端を言うことにインセンティブを与えてしまっているので、改める必要があるんじゃないかというのが私の持論にある。極端を言うコメントが目立つことによって、他の人もコメントを付けるに際して無意識の内に強い言葉を選んでしまうということもあるだろうし、そうした言葉を残すことで自らの思考が言語に引きづられてしまう可能性すらある。そうした言葉を好む人ばかりが集まり、厭う人が離れていくようなことになれば、サービスとしての凋落は免れない。

しかしスターによる評価制度を改めると言っても、ユーザーがそれを歓迎するとは考えにくい。何か些細な変更がある度に文句を垂れるユーザーたちだ。ブラックボックス化された「人気のコメント」に文句が出ないはずがない。まだ効果もわからない実験的措置に対して、どんな反応をし出すかわかったものじゃないし、とても検証できるとは思えない。だからスターの表示を隠した可能性もあるのではないか。

だけども、もしただスター数を隠すだけでなく、何らかの意図があった上でスターを隠していたとして、そうだとすると余計に問題は深刻となる。はてな社は「十分なデータを得られましたので、本施策を終了しました」*1として、表示をもとに戻している。つまり、何の成果も得られなかったということだろう。何らかの意図を持って試してみた結果、それが失敗に終わったのであれば、解決は一層難しくなったと考えていいだろう。じゃあ、どうすれば良いんんだろう。本当に。

 

新しい生活様式

長野県は飯島町から荷物が届いた。

所謂ふるさと納税というやつで、そうせざるを得ない空気というものがあったのです。*1

 

f:id:hungchang:20200517235041j:image

 

小さな段ボール箱の中には、めいっぱいの肉パックが詰め込まれている。全部馬。*2

 

f:id:hungchang:20200517235102j:image

 

パックのまま流水解凍が推奨されてたのでその通りにする。

自分でスライスしなければならないことだけが難。

 

f:id:hungchang:20200517235141j:image

 

馬肉ってもっと臭みのあるものかと思っていたけど、全然臭くない。普通にうまい。

逆に言うと、馬肉である意味に疑問符が灯る。

たまに厚く切りすぎた肉があって、そういうところはめっちゃ噛まないとかたいんだけど、噛んでも噛んでも旨味が尽きなくて謎。

 

f:id:hungchang:20200517235156j:image

 

これ絶対ご飯に乗せるとうまいやつだ。と思ったのでご飯に乗せてみた。

案の定。

これはたまらん。

やはり肉は出来得る限り薄く切ったほうが美味しい。白いご飯ともよく合う。

 

*1:強制ではありません

*2:て昔ニコ動にいたなあってことを突然思い出す。わからない人はググってください

布団

布団を干すときに、

今日は敷布団、明日はシーツを洗って、明後日には掛け布団を

なんてことになるわけがなく、

どう考えても一日にすべてやらざるを得ず、

どう考えても一度にそんなに干せるわけもなく、

布団は外で日光に当てて、

そうするとシーツと布団カバーは屋内にロープを引っ張って吊るすしかなく、

しかしそんな簡単に乾くはずもなく、

今なお部屋の中を縦断するこの布団カバーに対して、しかしどうすることもできず。やり場のないこの気持ち。

もうすぐ夏が来る。

セミセルフレジとはなんだったのか

セミルフレジというのは、各商品のバーコード読み込み等は店員が行い、現金・クレジットカードなどでの精算のみ客が機械で行う方式のこと。セルフ精算レジと呼称する店舗もある。回転の速さだけを考えれば、セミルフレジが一番速いんじゃないかと思っている。まあ、もちろん商品にICタグがつけられていて、ゲートを通れば自動的に精算できるような仕組みがあれば一番だが、食品スーパーへの普及は現時点ではあまり現実的ではない。

今回はそういう理想的な話ではなくて、現実のヤオコーの話なわけだが、店員さんのレジ打ちが終わり次第、精算機の前へと移り、そこで客が各自支払いをするという仕組み、だったはず。つまり下の図のようであって、客が支払いを済ませている間に店員は次の客の分のレジ打ちを進めることができる。精算機が2台あるからもたもたしてるおばあちゃんがいてもよほどのことがなければ詰まることはない。

f:id:hungchang:20200513215440p:plain

ところが、だ。今日行くと何故かお支払いは現金ですか?と聞かれる。いえ、クレジットカードで、と答えるとレジの右下を指さされる。カードをこちらに入れてください、と。よく見るとたしかにカードを差し込めそうな何かが取り付けられている。どうやらそこにクレジットカードを入れるようではあるが、差込口が2種類あって、とっさのことでどうしたらいいか戸惑っていると店員さんが、ICチップ付いてるタイプですか? でしたらこちらに、みたいなことを言ってくれてようやく理解が追いつく。クレジットカードなんて期限があるだろうに、今どきIC非対応のカードなんて存在するのか。

f:id:hungchang:20200513215600p:plain

問題なのはIC云々ではなく、何故カード挿入が精算台ではなく、店員の打つレジのほうに設置されたのかだ。たしかに今回は端末がわかりにくくて、店員さんが目の前にいたことでいくらスムーズにできたという事実はある。だとしてもだ。本来そうした作業は精算機のほうで行うべきではないのか。カードの精算をしているあいだ、店員さんは、つまりは次の客も、余計な待ち時間が生じてしまう。クレジットの精算なんてほんの数秒で終わることではあるんだけど、どうも非合理なようでもやもやしている。

4年目のマストドン雑感

4年目ともなるとこれといって書くこともなくなる。私自身の利用も段々と減ってきているのを感じる。もうこの種の更新はこれが最後だろう。

pixivがpawooを放出したというのはそれなりに大きなニュースだった。*1 第一報を聞いたときにはかなり動揺した。でも、結局のところ、そのことによって何かが大きく変化した様子は見られない。

それよりかは、JP鯖が事実上の鎖国状態に陥ったことのほうが大きな事件だったかもしれない。今でもJP鯖に貼られた画像はpawooで表示されない。これでJP鯖からは人が流出するものかと思ったけれど、案外にも持ちこたえている。
pawooでも大きく人が減ることも、もちろん大きく増えることもなく、世間からは忘れられつつある中で、それなりの立ち位置をキープしているように見える。

私の利用状況としては、pawooは暇なときに覗く程度だけれど、gochisou.photoのほうが利用頻度が高い。これは食事の画像を載せるだけの鯖で、覚えていれば毎日載せるようにはしている。投稿したいなとは思っている。どうしてなかなか。それでも比較的続いているのは、目的が限定されているからではないかと思う。雑談鯖よりも、特色をもった鯖のほうが強い印象がある。

初年度から言い続けている持論だけど、マストドンは大規模運営よりも、趣味の中小鯖運営に適したものだと思っている。そうした意味では、マストドンは決して過ぎ去ったサービスではなく、今も堅調に役立っているのだ。一世を風靡することはなかったし、大規模インスタンスの行く先は不透明だけれど、マストドンのあるべき姿に落ち着きつつあるとも言えるんじゃないか。

 

chikada.hatenablog.com

chikada.hatenablog.com

chikada.hatenablog.com