新しいカレー

増田を読んで、これはもうちょっと書いておいたほうがいいかなと思った。

 

anond.hatelabo.jp

 

 

カツカレーについては以前にこう書いている

たとえばカツカレーという料理がある。カレーにカツを載せるという素晴らしい料理だ。カレーはカレーだけでも美味しく、またカツはカツで美味しい。そのふたつを掛け合わせる。するとどうしたことか、カレーの美味しさとカツの美味しさを合わせたものよりもずっと美味しい何かが生まれる。何かというか、それがカツカレーだ。最初にカレーにカツを載せた人間は天才だ。どうしてこれほどの美味しさが生まれると想像することができただろう。しかし、だ。カツカレーであってもまだカレギューの美味しさには敵わない

対してカツにはカレーが必要だ。カツとカレー、両者の間で美味しさの相乗効果があるとしても、その一部はカツを食べるためのソースとして消費される。しかしカレギューは違う。カレーだけで食べても、混ぜ合わせて食べても、牛だけで食べても美味しい。その割合の違いによって異なる美味しさを味わうことができる ■ - 殴る壁

カツカレーというのは素晴らしい料理である。カツとカレー、それぞれの美味しさの合計以上の相乗効果がカツカレーからは得ることができる。カレーには足りない旨みや歯ごたえを得られ、カツには足りない味や香りを得られるからだ。しかし、カレギュウの相乗効果はそれをさらに上回るのだ。

 

上回るはずだった。しかし、だ。君はもう食べただろうか。松屋の創業ビーフカレーをだ。それが販売開始となってからもう半年以上も経っているので、多くの人が既に味わっていることだろう。

 

b.hatena.ne.jp

 

創業ビーフカレーは美味しい。今までにないほどの旨みがたっぷりと溶け込んだ、ボリューミーなカレーだ。いくらかボリュームが強すぎて、それが苦手だという人も出てくるんじゃないかと危惧されるほどのものだ。

ところで、思い出してほしい。何故カツカレーが、カレギュウがこんなにも美味しいものであったのかを。

そう、カレーの持つ美味しさに、そこにはなかった別の美味しさが加えられることで、さらなる相乗効果が得られたからだ。だからそれぞれ別々に食べるよりも、一層優れた味わいを、素晴らしい体験を、我々は得ることができたのだ。

 

しかしどうだろう。創業ビーフカレーは美味しいのだ。既に牛肉の旨みが十分に染みわたっているのである。そこに牛めしの肉が加わる。もちろん美味しい。美味しいことは間違いないのだけれど、そこにかつての感動は無い。牛肉が補うべき肉の旨みが、既にふんだんにそこにいるのだから。だからカレーに牛肉が加わり、たしかに美味しさは増すのだけれど、それはただの足し算に過ぎない。100+100で200になる。それだけのことだ。

 

gochisou.photo


カレーには牛を乗せる。そこにはたしかに正義があった。

しかし、時代は変わったのだ。

我々は創業ビーフカレーを知ってしまった。あの旨みを知ってしまった。追い牛を必要としないカレーの旨みを。もう時は戻らないのだ。

カレギュウは美味しい。たしかに美味しい。しかしそこにはもう、かつてのような正義はない。

だから我々は探さなければならない。創業ビーフカレーに相応しい、新しいカレーのあり方を見つけ出さなければならない。思考停止してはいられないのだ。

テレ東ビジネスオンデマンドに加入した

ポテサラ爺さんの話題で、ポテサラ作るのが大変だとか簡単だとか、問題はそこじゃなくね?って思うんだけど、それはとりあえず置いといて、ポテサラ作るときに芋を潰す人たちがそこそこの勢力として存在していることに驚いた。あれ潰れてたほうが良いと思う人って多いの? 私はかさ増しのための何かを入れているからペースト状のものが存在しているんだと思っていた頃もあった。実家では芋潰したりなんてしたことないし、私が自分で作るときには皮を剥きすらしないし。


プライムビデオでテレ東ビジネスオンデマンドをチャンネル登録した。

最初はiPhoneアプリから使ってみたけど、そうするとアプリでしか使えないようで、PCで見られないのは不便なのでプライムビデオで入り直した。見るのは主にWBSで、モーサテも見てみたけどどうやらこちらは市況的な情報に重きを置いている印象で、それはちょっと私の求めているものと違うなと思った。

WBSなんぞ無料放送のテレビコンテンツなんだから、金を払わなくてもテレビを見ればいいというのも正論だとは思う。でも仕事柄生活が不規則なので毎日見られるというものでもないし、自動録画できるような設備も持ち合わせていないし、プライムビデオから開いて見たほうが視聴も楽なので、ある程度の費用も仕方あるまい。


ソーシャルメディアで時事情報を得るのもあまり効率が良くない。そこから得られるのは重要な情報よりも話題になりやすい情報であって、そこに実る話題も前にも見たことがある話題になりがちな印象。やはりプロの編集の入る情報選別には相応の価値があるのだ。

本当は新聞を取るのがいいんだろうが、購読料は高いし、紙は邪魔だし、あまり優れた消費とも思えない。だからそれがウェブで見られればいいんだけど、それなのに何故か新聞社は有料サービスでは情報選別でなく、扱いきれないほどの多くの情報提供に価値を置いているようで不思議に思う。

 

夏は暑いので短い丈のパンツがほしくて、でも膝の出るようなハーフパンツには抵抗があって手が出ないでいた。膝下丈のパンツを探していた。


七分丈パンツがまったく無いのかと言うと、そんなこともない。でも多くは小洒落た大学生が履いてそうなシュッとしたパンツで、私が欲しいのはそれではない。もっとダラっとした楽ちんなやつだ。そうすると今度はサルエルパンツが候補に出てくるんだろうけど、これもまた違うんだ。股下のあいたパンツでは、汗をかいた肌が擦れるとすぐにかぶれてしまう。肌の弱いデブには不適と言わざるを得ない。*1 同様の理由でスウェットも却下されるので、もはや該当商品がほとんどなかった。ユニクロにも、ライトオンにも、スポーツオーソリティにもなかった。マルイでもサカゼンでも見つからない。ワークマンにもなかった。Amazonマーケットプレイスに中華系メーカーのジャージがあったのでひとつ買ってみたが、やはり少し股が深すぎた。


それが意外にもイオンで見つかった。ストレッチ七分丈カーゴパンツというやつだ。こいつが薄っぺらんな、いかにも化繊な生地だけれども、ストレッチ性が高くて楽だ。通気性も良く、十分に涼しい。見た目にも、ぎりぎり電車に乗れるくらいのデザイン性を保っており、これはもう文句のつけようがない。いい買い物ができた。*2

*1:よくみんなスカートとか履いてるよね

*2:しかしトップバリュのサイト上には存在しない

サバクトビバッタの脅威

今日は気候も良かったので久しぶりに2万歩あるいた。と思ったのに2万歩なかった。え、なんで? あんなに歩いたのに。

 

歩きながら昨日のsession22を聞いていたら、東アフリカから中近東がバッタの大量発生でやばいという話をしていた。そんな虫と戦う増田がこの前いたな、彼の出番じゃないかと思ったけど、よくよく思えば彼は空想の中でも既にバッタに敗れていた。*1

 

途中に二郎系の店があった。入り口のガラス戸は掲示物で埋め尽くされて中の様子が見えない。店名は文章で、これは地雷臭が強い。それでも勇気を出して入ってみる。意外にも明るい声の「いらっしゃいませ」が聞こえる。券売機はメニューが手書きで書かれて、品数も案外と多くて見づらい。それ以上探すのも面倒くさいので、豚中ラーメンに決めた。食券を渡すと「ニンニクと魚粉は入れますか」と聞かれた。どうやらトッピングは最初に済ませるらしい。両方お願いします、あとは普通で、と答える。店構えは怪しいけど、店主はまともな接客をしてくれる人で良かった。店の奥の壁には完食者の名前の書かれた賞状のようなものが多数貼られている。きっとそういうチャレンジメニューがあるんだろう。テレビでは高嶋ちさ子が6億円のバイオリンを弾いていた。

 

 

f:id:hungchang:20200704213102j:image

 

 

ニンニクを「少なめ」と言わなかったなあと思っていたけども、出てきたラーメンのニンニクは二郎系基準では「少なめ」だった。*2 魚粉は二郎系基準でなくても少なめだ。肉はがっつり煮込んだ角煮に近いやわからい煮豚。それが何枚とは数えにくい大小さまざまな肉が盛られる。麺は二郎系にありがちな太縮れ麺。特別な旨味があるわけでもなく形容しにくい。スープは割と控えめな味なのかと思って食べていたけれど、麺を食べ終えてからスープを一口飲むと、思っていた以上に味が強くて驚く。歯が痛いのもあり、ラーメンを食べるには暑すぎるのもあり、あまり勢いよく麺をすすることもできなかったので、どうやらそれで感じられる味が弱まったらしい。

*1:蝗害と戦ってみてえ

*2:決してこの店のニンニクの量が少なかったわけではないが、概して二郎系の店ではニンニクの量が異常なのである。

変わらない日々

歯の痛みは相変わらず続く。痛かったら飲んでくださいと言われた薬の処方が少なかったので、痛みはじきに引いていくものなのかと思い込んでいたけど、その様子もないままに薬が尽きようとしている。

歯が痛いのは、別に耐えられないような痛みではない。でも歯が痛むと、何もやる気が起きなくなり、とはいえ元から暇で何もやらなくてもどうということもないので、結局のところどうということもない。

歯に優しそうなものしか食べなければ摂取カロリーを減らせるのではないかとの目論見も、甘いものばかり食べるようになった現実に一日で気付かされ、普通の食事に戻す。

 

写真撮り忘れたけど今日の弁当は美味しかった。これで800円ならリーズナブル。でも結局はから揚げ弁当なので、800円のから揚げ弁当を頻繁に食べたいかというとそうはならないから難しいところ。店内の食事はもっと美味しいことが想像できるので、一度行ってみたい気持ちはある。

歯医者に行ってきた

限界を感じたので歯医者に行ってきた。知人に聞いてきた歯医者は無駄にきれいで驚く。エントランスには券売機のようなものが見え、きっとあれで支払いを行うんだろう。奥には子供の遊べるスペースがあり、でも今は、ソーシャルデイスタンシングを意識した待合席の並びのために、キッズスペースはだいぶ縮小されている。

 

診察室へ行くと目の前には壁掛けのモニターがある。歯医者にこんな設備が必要なのか。一通りの問診を終えたら、レントゲン室へと移動する。小さなマウスピースを咥え、目の前には鏡、ではないがそんな自分の姿が映り出される。エリーゼのためにが流れ出すと、マウスピースを咥えた30半ばのおっさんの周りを機材がゆっくりと回りながら撮影を始める。なんだこれは。

診察室へ戻ると、先ほどのモニターにさっそくレントゲンが映し出される。モニターの存在を視認したときからそうなることはわかりきっていたけれども、改めて見ると文明を感じる。エリーゼのためにを聞きながらマウスピースを咥える自分を眺めていたのは無駄な時間ではなかった。

素人が見てわかるほどに左下の奥歯は死んでいた。しかし歯科医師は言う、まだわからない、と。でも治療できるにしろ、抜かなければならないにしろ、親知らずが邪魔だからこいつは殺す。あとは出たとこ勝負だ、と。たぶんそんなようなことを言っていたような気がする。

 

まずはヤバいとこを削って患部を確認する。麻酔使うから痛くないけど、麻酔入れるのがちょっと痛いよと言われ、実際にそのとおりになった。麻酔が効いてくると、患部は本当に何も痛くないのだけれど、より広い範囲でズキズキとした痛みはある。問題は痛みよりも、口の中に水がたまることだった。口を開け続けることを強要され、飲み込むこともできず、溺れそうになる。俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった。途中で焦げ臭いにおいがしてきたのもなんか怖い。

 

初診は無事に終わった。次回だけでなく、何故か2回先の予約までさせられた。LINEに登録すると前日に通知が届くと言うので、登録しておいた。

物が食べられないような状態ではないが、やはり口にほおばることははばかられる。これで食が細ったりはしないだろうかという期待がないわけでもない。

タイトル書くの飽きた

はてなブログの「購読中のブログ」にエントリータイトルの無いブログが上がっていて、なんだろうと思って開くと、ブログは非公開にされていた。非公開にしても記事更新すると通知されるのか、非公開にしたことが通知されてたのか、どちらにしてもその通知は不要だろう。

 

昨日から奥歯が痛む。半年くらい前から奥歯が死んで、ちょっとヤンチャするとすぐ痛む状態ではあったが、何もヤンチャしていないはずなのに痛む。3回くらい歯磨きしなおしても痛む。これは良くない。

 

散歩? なにそれ?おいしいの?