乾燥

乾燥している。ただでさえ太平洋側の冬は空気が乾燥しているものなのに、暖房をつけることで室温が上がり、つまりは飽和水蒸気量が増すのに実際の水蒸気量は変わらないので相対湿度は一層低下する。だから加湿器を買おうと思った。

超音波型の安い加湿器を買おうかと思ったけれど、しかし肺炎になるぞと言われてしまい、もっと呼吸器に悪いものなんていくらでもあるだろうに加湿器ごときにそんな力はないだろと思いながら、されど加湿器がどうしても欲しかったわけでもないし、量販店を見てみても思っていたほど安くなかったのもあり、結局加湿器は買わないことにした。

加湿器は買わずにダイソーでL字の棚受けを買った。 壁にL字を2本取り付け、家で余っていた突っ張り棒を引っ掛ける。すると壁から少し離れたことろに濡れタオルをかけられるようになる。濡れタオルをかけることで、一回の給水量が少ないという問題はあるにせよ、加湿器としての役割はまあだいたい果たせる。

 

 

最近はゆる言語学ラジオを見漁っている。You Tubeでリコメンドされたのを見たら、面白かったからだ。しかしYou Tubeは、ダラダラと見続けるには最適なフォーマットかもしれないが、ひとつのチャンネルを漏れなく見ていくには不便を感じる。できなくはないけど、不便。それにはPodcastのほうが向いている。ゆる言語学ラジオはPodcast配信もしているのだ。しかし今度は、Podcastでは字幕が出ない。ゆる言語学ラジオではわりと小難しい話をするので、字幕の有無はその理解に大きく関わる。特に漢字や、あるいはアルファベット表記でも、その表示が無いと理解が追いつかないことがある。聞き手である堀元氏の理解力が高すぎるのだ。もっと程よいバカを隣に置いて「え、それどういうこと?」って言わせろ。

それで結局のところ、You Tubeでは最新動画と、リコメンドされる人気動画を見て、それ以外の過去作はPodcastで追いかけていくという運用をとるようになった。You Tubeで見たところをPodcastでもう一度聞く回も出てくるが、それでも新しい気付きがあったりして面白い。

本当はそうした気付きごとに感想を残すべきなんだろうけど、どうしてなかなかそううまくもいかない。うまくいかないというか、単に怠惰なだけではあるが。

 

 

怠惰なだけ、ではないかもしれない。臆病だというのもあるかもしれない。

私は日本語を母語とし、それなりに長い年月を過ごしてきた。それなりに文法規則も学んできた。そうした経験から、配信を見て違和感を覚えることもある。だけども学問として言語学を学んだことはないのだ。だから、「そうなのだ」と言われると「そういうものなのか」と思ってしまうところがある。違うんじゃないかとどこかで思っていても、それを書き込むほどの自信がない。You Tubeにコメントしたり、あるいはSNSでメンションするでもないのだから、間違ったことを書いたからといってどうってことはないのに、ビビっている。思考を文字化することこそが大事であるはずなのに。

豚ハツ

冷凍の豚ハツを買った。何故なら安かったからである。

年末に買って、なんやかんやバタバタして、年が明けてから解凍することになった。パックのまま冷蔵庫に一昼夜置いて解凍した。すると翌日、ドリップがすごい。このままではいけない気がして、水洗いして、ペーパータオルでよく水気を取った。水分が取れたら全体に昆布茶(粉)をまぶして、保存バッグに入れる。さらにローズマリーをまあそこそこの量入れて、中の空気を抜いて口を閉じる。

封をしたらバッグごと鍋の中に入れる。鍋には80℃程度のお湯がたっぷりと入っていて、肉を入れると60℃弱に下がったので、少し火を強めて、65℃か、少し下回るくらいを目指す。そうしてたまに温度を確かめながら、2時間放置する。いや、実際には面倒くさくなったので、火を止めてから一晩放置した。

そうして翌朝、鍋からバッグを取り出す。なるほど、悪くなさそうな色合いだ。これはうまくいったのではないかと思いながらバッグを開ける。くさい。ビニルバッグの中から血生臭いにおい。これはいけない。流水で洗ってはみるけど、やっぱりくさい。どうにもくさかったので、スライスしてから湯引いて食べた。それだけで食べるとやっぱりくさいけど、味をつければ特に気にならない程度にまでは落ち着いた。

今までハツを食べてくさみを感じたこともなかったので気にしていなかったが、よくよく思えば、ハツは内蔵肉だ。心臓なのだ。くさくても当然である。だけど、茹でこぼすなりなんなりすればさほど気になるようなくさみでもなかったはずのものが、密閉したまま調理したものだから、くさみはどこにも逃げ出せず肉の中にとどまり続けた。決して食べられないほどのものではないが、うまくない。

今年買った杵柄

杵柄(きねづか)というのはコトバンク(精選版 日本国語大辞典)によれば、「杵のえ。杵の手でにぎるところ。「昔とった杵柄」の形で用いられることが多い」(杵柄とは - コトバンク)とのこと。「昔とった杵」でよくね?「柄」まで必要か? 語呂の問題?

もちろん杵柄なんて買ってない 。

 

 

福袋

ダウンジャケットと、トレーナー、長袖Tシャツ、靴下の福袋。上着は公表されていて色も選べる。それ以外はおまけ感が強いけど、あって困ることのない無難なチョイスなので、上着が好みなら買って損することはない。

ところでこれは、「Amazonで福袋買ったらもう届いたんだけど」ということが言いたいがためだけで書き始めたエントリーなので、以下は完全に余談。

 

 

ふたりエスケープ

真面目に2021年の買って良かったものを挙げるとすれば一番はこのコミック。締切に追われる漫画家が無職先輩といっしょに現実逃避する話。それだけの話なんだけど、これがすごく良い。としまやのチャー弁食べたい。

 

 

 

 

コーヒーポット

購入手続きを踏んだのは2020年だけど、手元に届いたのは2021年。美味しいコーヒーを淹れるためには、お湯の注ぎ方というのがめちゃ糞大事で、それがポットから直に入れると結構難しかったのが、こいつを使えば失敗知らずになったという便利グッズ。

とはいえ、こいつがあれば簡単になるというだけであって、こいつを使えば即ち美味しいコーヒーが淹れられるというわけではない。ググれ。

 

ピクミンブルームの良さがわからなかった

いつものようにポッドキャストを聞いていて、すると、この歳になると自分の幸せよりも他人の幸せを願うようになるよねみたいな話をしていた。そうだよな、普通はそういうものなんだろうな、と思ってイライラしてきた。昔はもっと大らかな人間性を持っていたように思う。それがいつからか、今の仕事に就いてからか、もしかしたらもっと前からかもしれない。もう、疲れた。他人の幸せを願える程度には満たされた暮らしを送りたい。

 

 

最近はピクミンを連れて歩いていたんだけど、キノコも星3で狩れたし、もういいかな、という気持ち。散歩を利用したゲームなのかと思っていたけど、散歩をゲーミフィケーションしただけなんだよな。その違いが何なのかというのは、私の感覚的なものでしかないんだけど。なんていうか、ゲームのプレイ方法が散歩なのではなく、散歩が目的なんだよな。ゲーム性はそれを促すためのものでしかない。でも、そんなことされなくなって私は勝手に歩くし、歩くことで何かができるならと思ったけどそうではなく、ただ歩くことを推奨するだけの何かなんだよな。Not for me. 

 

 

歳をとれば周りの幸せを願うようになるという言葉、恐らくは歳をとれば地位も所得も向上して、自分自身の願望がある程度満たされるようになり、相対的に周りには満たされていない人が多くなるので、彼らの幸せを願うようになるということなんだろうと思う。だから歳をとることで地位や所得の向上した人にとっては真の命題であっても、私にとっては偽であり、「地位や所得が向上すれば」と言い換える必要がある。そのことは今の環境があるから気づけたことで、幸福な暮らしを送っていれば私も無自覚に「歳をとれば」と言ってしまっていたんだろう。それは嫌だな、とも思うけれど、代償としての今の暮らしを考えるとあまりに釣り合わない。もっと無自覚に残酷な言葉を吐きたい。

 

天ぷら日記

武蔵国に生まれ育ちながら、武蔵野うどんというのが昔からどうも好きになれなくて、でも久兵衛屋が、安いチェーン店なんだけど、しっかりと武蔵野うどんで、案外に美味しいという話を前に書いたと思い込んでいて、でもどうやっても見つけ出せなくて、どうやらTwitterに書き込んだだけで、ブログには書いてなかったらしい。

 

 

それで今日また久しぶりに食べに行ったわけだけど、だ。今日は旨辛肉つけ汁うどんと天ぷら盛りを食べて、まあたしかにうどんは美味しいわけだ。だけども、問題は天ぷらだ。これがイケてない。天ぷらって揚げたてならだいたい美味しいじゃん? 揚げたてだったらホカ弁の天ぷらだってうまいじゃん。それが何故か美味しくないんだ。でもそれはまだいい。天ぷらそれ自体は美味しくはないというだけで、決してマズいというわけでもない。問題はつけ汁だ。なんかくさいんだよ。傷んでいるとかそういうんじゃない。塩素っぽいくささ。ほんとうにそれが塩素なのかどうかがわかるほど優れた嗅覚を持っているわけじゃないんだけど、洗剤とか漂白剤とかそういう感じのにおいが、どこかしてくるの。天ぷらを食べているときにはそれが何なのかよくわからなかったんだけど、つゆを近くに持ってきて嗅ぐと明らかににおうんだ。マジで何なのこれ。だからって店員呼んで、これ変えて来いというのも何か違うし、そもそもからして今日は機嫌が悪かったので余計に鼻につく。ジャンキーなものを腹いっぱい食べてイライラも飛ぶかと思っていたものが、食べる前よりイライラしているわけだ。もう何なんだよ、ほんと、勘弁してくれ。

権利関係の

2回目の予防接種を終えたけど、そのことについて何も書いてなかったなと思ったけど、まあ別に書くほどのこともなかったのだ。前回同様に、医師の説明を受けた旨の署名を医師の説明を受ける前に書くよう促され、翌日には副反応も出たけれど聞いていたほど酷い症状でもなく、まあ概ね想定の範囲内だった。

 

 

ところでみなさんご存知の通り、先日のWBSのテレ東BIZでの配信は、本来の放送時間から大きく短縮されたものだった。*1 普段であれば約45分の配信時間が、たったの30分だった。不自然な編集がなされているのは明白だった。どういうこっちゃ。こちとら高い金払って見てんだぞ。*2

ということでテレ東にお手紙を出した。Amazonプライムビデオのテレ東BIZチャンネルで視聴しているので、最初はAmazonに文句を言ったけど、これはうちじゃあないですねえと言われた*3ので、仕方なくテレ東に文句を言う。

テレ東からは翌営業日にはきちんと返事が来た。曰く、大谷翔平の映像がネット配信NGだったんでカットしたよ、とのこと。なるほど、それなら仕方ないかと思いかけたけど、いや、でもちょっと待ってよ。いつもスポーツ自体の映像はカットされても、その間のナレーションは流されてるじゃん。まるごと15分カットするなんておかしくね?

でもさ、大谷の特集やってたからさ、その間で何度も出てくるNG箇所だけ細切れになんてやってられないじゃん? そっちだって見ずらいよ?

いや、だからって45分の番組で15分カットはやりすぎでしょ。こんなこと今後はもうないよね?

カット箇所が多すぎてもコンテンツにならないし、もしかするとまたあるかもね。

という回答を得た。なるほどなるほど……。

 

あと、どうでもいいけど、WBSラオックスが「家電量販店」じゃなくて「免税店」って肩書きで紹介されてたの、いろいろと感慨深い。

 

*1:Amazon.co.jp: WBS(ワールドビジネスサテライト) 2021年11月を観る | Prime Video 11月19日放送分

*2:そんなに高くない

*3:そんな言い方はしていない