読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

windows8をインストールして一週間

windows8が使いにくいのは慣れの問題だけではないと思う。vistaの時にはここまでイライラしなかった。

コントロールパネルを開くのに、シャットダウンするために、いったい何クリックしなければならないことか。ショートカットキーを使えばいい、という発想はキーボード操作に慣れたハードユーザーのものであって、マウス(トラックボール)を愛用する身には何の解決策にもならない。

ということでStartMenu8をインストールした。

 

Start Menu 8 - 窓の杜ライブラリ

 Windows 8のタスクバーにスタートボタンを追加し、スタートメニューを利用できるソフト。Windows 8の新しいユーザーインターフェースに慣れていないという人におすすめ。スタートボタンのアイコンや、スタートメニューに表示する項目の種類や表示方法などをカスタマイズできる。さらに、Windowsの起動時に“スタート”画面をスキップして、直接デスクトップ画面を表示するように設定することも可能。

 

スタートボタン一つがあるだけでこんなにも使い勝手が変わるものかと思い知らされる。Metroと違い、目的のアイテムがどこにあるのか探さなくてもすぐに見つかる、という慣れの問題ももちろんあるわけだが。

実に快適。