社会は過度に政府に管理されるよりも、可能な限り自由であるべきで、政府に管理されるのは最小限であるべきだと私は思っている。
これはたぶん大多数の人が賛同するもので、「可能な限り」や「最小限」がどの程度であるかという部分に違いがあるだけじゃないかと思う。
そしてどうやら「最小限」の範囲が私よりも大きく、政府による管理を認める人がかなりいる、少なくともインターネットではそうした人の声が大きいように見える。

というのも、COVID-19、所謂新型コロナウイルスに対する政府の対応が遅かったという声がかなり強い印象がある。
たしかに政府の対応が迅速で素晴らしかったとはいいにくい。
初期段階で目立った対応を取った印象はない。
しかし、政府が何らかの大きな対応を取るためには、それなりの根拠が必要となる。
移動の制限などを行うのは、それは個人の自由を奪うことになるからだ。
しかし今回の初期段階では、中国政府からの情報が制限されていて、的確な判断を行うための情報が欠如していた。
不確かな情報をもとに人々の自由を制限するのは良いことではない、と私は思っている。

ただこれは、私がそう思っているというだけであって、そうではないという考えもあり得る。
安全性が確かでないなら、自由を制限してでもリスクを回避すべきだという考え方だ。
だから、情報が不確かである間、政府の対応を批判する声にも、私とは見解が一致しないけれど、それも一理あるものだと思って見ていた。

中国での感染が日に日に拡大していき、危機感を強めた中国政府も情報を隠さないようになってきた。
中国政府からも確からしい情報が開示されるようになり、またそれらを分析する専門家の声も届くようになってきた。
どうやら当初想定したよりも感染力は強いらしい。
死者も数多く出ている。
しかしそのほとんどは高齢者と持病を持っている人のようだ。
中国で医療保険制度は無いに等しく、都市部でも医療体制が整っているとは言い難い。
つまり、健康な人であれば感染しても重篤化しにくく、医療体制が整っていれば被害は相当程度抑えられそうだということがわかってきた。
結果論ではあるが、日本政府は国民の自由を制限してまで、リスク回避策をとる必要はなかったことがわかってきた。

しかし、不思議なことに、これだけ情報がそろってきてなお、日本政府の対応の不備を責める声がとどまらない。
逆に声が強まっているような気さえする。
たしかに医療が整っていれば重篤化が抑えられる保障はない。
インフルエンザのように季節性のもので収まるのかどうかはわからないし、温暖な気候でより広まりやすいのではないかという声もある。
今なおすべてが解明されたのではなく、判明している以上に危険である可能性だって無いわけではない。
とはいえ、そう高いリスクが隠れているとは考えにくい。
少なくとも、確かな情報のなかった数週間前よりかはずっとリスクは低くなっている。
にも関わらず、日本政府の初期対応を批難する声が以前より強まっているように見えて、私にはそれが不思議なのだ。

日本政府の対応は、ベストではないのかもしれないけれど、最低限の措置はできているように見える。
中国でのような、半ば人権を奪うかたちでの感染を防ぐ措置を、日本でも取るべきだとは私には思えないのだ。
だけど世間の、あるいはインターネットで声の大きい人たちの意見は違うようだ。
何故なのか。
可能性がふたつ考えられて、
ひとつは、彼らは馬鹿で情報を理解できないから。
新型ウイルスの話題を毎日見聞きすることで、実際よりもその危険を高く見積もってしまっているんじゃないか。
もうひとつは、つまり彼らが馬鹿でないとすると、私が考えているよりもずっと、人間の自由より社会秩序を重視しているから。
リスクが完全に取り除けていないのなら、自由を制限してでも社会を守るのが当然だとする傾向が強い。
そんな管理社会は私は嫌いなんだけど、どうやら相当数の人たちに望まれているようで、なんだかなあというところ。

名前を隠して楽しく日記

はてな匿名ダイアリーという、匿名で日記のようなものを投稿できるwebサービスがある。
そこである記事(以下増田。尚、当該記事筆者、及び当該サービス全体も増田と呼ぶ)に対して、増田なんだからもっと内容を具体的に書いてくれないとなにも判断できないじゃないかという旨のブックマークコメントがあり、多くのスターが付けられていた。
そこでちょっとイラッとしたので、このエントリーを書いているのだけど、
というのも今朝方ちょっと嫌なことがあって気が立っていたので、些細なことでも苛立ってしまったのだ。


相手方のちょっとした言い方の問題に過ぎないんだけど、私がそれを過敏に受け取ってしまい、怒りをあらわにした。
嫌な言い方をされたことよりも、自分がそんなに短気に振る舞ってしまったことに強くショックを受けている。
それじゃあいけないとリフレッシュするためにお気に入りの喫茶店に行ってみたのだけれど、
今日が祝日だということをすっかり忘れていた。
店は今まで見たことないような混雑ぶりで*1コーヒーもスコーンも美味しかったけれども、とてもリフレッシュできるような状態ではない。
ダメな日は何をやってもうまくいかないものだなと思いながら増田を読んでいたのである。


増田は解決策を模索して、アドバイスを求めて書かれたものではない。
少なくともそれを求めた記述はない。
もう過ぎたことであり、過去の事件に対して気持ちの整理をつけるために書かれたものじゃないかと想像できる。
あるいは愚痴と言ってもいいかもしれない。
原義的な意味で反省している様子で、改善点が見つかれば喜びそうではあるが、
それを他者に期待しているようには、少なくとも私にはそうは見えない。

それなのに、そこに付くコメントが「具体的に書いてくれ」「判断できない」である。

お前いったい何様なんだよ。
なんでお前に判断されなきゃいけないんだ。
判断されるために余計に労力を払って、リスクを負わなきゃいけないんだよ。
お前の判断なんて知ったこっちゃねえんだよ。
匿名なら何でも書けると思っているような奴の判断なんて糞食らえだ。

とか無駄に悪態がいくらでも出てくるので今から野菜400g買ってくる。

*1:今までも2回しか行ったことない

龍角散ダイレクト

喉が痛い。
腰が痛い。
体が痛い。
もうダメだ。
2回連続で体調が悪いだけのエントリーになってしまう。
別に他人がそうしていることにどう思うことはないんだけど、
私自身は、体調が悪いということをインターネットに書き込むことが苦手で、
自分が体調が悪いことをアピールしているかのように思えて、軽い自己嫌悪に陥る。
でもインターネットには、こうした個人の心情こそ書き込むべきだという、信念に近いものが私にはあって、
だから喉が痛くて咳が止まらないという事実の記述ではなく、
それを書き込むべきだと思いながら、書き込みたくないというアンビバレントな感情を綴ったエントリーはこちらですか?

すばらしい日々

全身がダルくて、二日酔いかな?と思った。二日酔いになるほど飲んでやいないけども、それだけ老いてしまったということなのかもしれない。
だが違った。
翌日はさらに悪化した。頭が痛い。体は動かすのもしんどい怠さ。熱がある。これはダメだと思った。
その日はこれといった予定もなかったので、仕事は休みをとった。できれば翌日も休みたいと相談してみたが、それはかなわず、午後からでもいいから出てこいとのことだった。
翌日も相変わらずだった。前日よりかはいくらかマシで、気合いで出勤することはできそうではあるが*1、やはり頭痛が酷いことに変わりない。身支度を整えて、駅前の内科が開くのを見計らって出発した。
結論から言えば、インフルエンザだった。熱こそ36.9度しかなかったものの、念のため、といってやってみた検査は陽性だった。出勤はダメだと言われたので、そのとおりに職場に伝える。休みが確定した。
帰りにはスーパーに寄って食べられるものを買う。前日にはポテトサラダしか食べていない。蒸しパンとプリンと野菜ジュースを買って帰った、ような気がする。

休みといっても、体調が酷いのだ。増田を読んでいくような元気はない。ただただ一日横になっていることしかできない。
食欲は無いけど薬だけは飲んでおこうと思って飲むも、強い寒気に襲われて、やがてすべて吐くこととなった。
そうして何日かが過ぎた。寝て起きて、とにかく何かを食べて薬を飲んでは、また寝るという生活をしていると日にちの感覚がなくなっていく。
熱は下がり、頭痛は治まったが、体調が回復したとは言いがたい。まだインターネットを読み漁る元気はない。文字を読むということが多くの体力を要することを思い知る。プライムビデオでモヤモヤさまぁ〜ずを見続けることしかできない。

インフルエンザでは、熱が下がってからはもう元気なのに、ウイルスが死滅するまで外に出ることができずに退屈だ、という話をよく聞く。インフルで暇だから長文を書いてるよみたいなブログも見かける。
どうして彼らはそんな元気なんだろう。あるいは、どうして私はいまだこんなに病んでいるんだろう。これが老いなのか。もう今後私の体調が「回復する」ことなんてないのではないか。そんな恐怖に襲われる。老いは65歳になって訪れるのではない。老いはすぐそこにある。老いという観念に囚われる。

体力もだいぶ戻ってきたとき、寿司が食べたいという気持ちが湧いてきた。しかし最寄りのセブンイレブンには置いていない。職場最寄りのファミリーマートには置いている握り寿司が、セブンイレブンには無いのだ。
仕方なく駅前のスーパーまで歩く。
時間が遅かったからか、スーパーにも期待していたものはなかったが、そのかわりに刺身が値引きされていた。普段はとても買おうとは思わないような所謂お高い鮪の盛り合わせだったが、半額になっていたので買ってしまった。そして、これがうまい。やはり高いものには高いだけの理由があるのだ。

出勤停止命令も解け、ウイルスも撲滅したはずが、まだ咳が止まらない。耳鼻科で咳止めを処方されるも相変わらずだ。咳以外はもうすっかり良くなったのに。
モヤモヤさまぁ〜ずも間もなく見終えてしまう。

*1:仕事ができるわけではない

令和の時代にふさわしいブックマークコメント大賞 2019

いつの間にか年末を迎えつつある今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。はい、それは良かったですね。では早速いきましょう。

 

 

法律って物理的なモノとしてあるんですか?

法務省庁舎の地下にチタン製の「六法原器」が安置されていて、地方法務局にはその複製が保管されてる。5年に1度、制定改正された法を追加削除してるよ。

2019/02/09 16:53

b.hatena.ne.jp

 

まずは、法律文に原本は存在しないんだろうかという案外と形而上学的問いを投げる増田に付けられたコメント。何も知らずに素直な気持ちで読むと、本当っぽく感じられる内容に秀逸さを感じる。「ロッポウゲンキ」という言葉の響きの良さが、また尤もらしさを醸す。どんなにググってもそれを否定する文章が見つかりそうにないこともまた良い。しかし、実際にはそんなものは無い、たぶん。

 

 

 

ドラゴンが火を吐きはじめたのっていつごろなの?

小学校に上がるちょっと前くらいだったかな? 公園の向こう側にいる友達を大声で呼ぼうとしたら、プスプスって喉の奥に違和感を覚えて、鼻からチリチリ黒煙が出てきた。その日の晩は赤飯だったなぁ……。

2019/04/09 18:40

b.hatena.ne.jp

 

外見的にはトカゲをモチーフとしているはずのドラゴンであるが、どうして火を吐くイメージが築かれたのか、神話からそのルーツを探ろうとする増田につけられたコメント。増田が問うているのは歴史上のルーツであるのに、個人的な経験を語り出すところからしてよくわからないのだが、てかお前ドラゴンなのかよ。幼少期過ぎて時期は曖昧だけれど、その情景は具体的で、また情感こもった記述が、本当の記憶らしさを見せる巧みなコメント。

 

 

 

マクドナルドって絶対美味いやろ

藤田田氏のビップマックをつくっていたワイが来ましたよ。2回ぐらい見に来てたね。ルネも来てた。ここでつくり方の秘密を明かすと、すべての材料の重心軸と宇宙軸を重ねるんだな。だから誰が食べても崩れないんだな

2019/05/04 17:41

b.hatena.ne.jp

 

マクドナルドはマズいとよく槍玉に挙げられがちだけれど、そんなに酷い味ではないだろうと主張する増田につけられたコメント。日本マクドナルド創業者である藤田田にも提供していたというハンバーガー制作の第一人者であることを明かす書き出しがまず素晴らしい。続いて、何回来たかとか割とどうでもいい情報を出し、しかも案外少ないし、ルネって誰だよ?*1 知らねえよ、米本部の総料理長とか。そして、ようやく秘密が明かされるが、何だよ宇宙軸って。そんなん聞いてねえよ。しかも何だよ、誰が食べても崩れないって。違うだろ。美味しさの話だっただろ。崩れるとか崩れないとか聞いてないんだよ。役立つ情報ひとつも無いじゃないか。ふざけんなよ。誰だよこんなのがベストブコメだとか言い出した奴は。

 

カラースターを買ってる人

ビックリマンではじめて出したヘッド「マスターP」とかいうやつだったが、カラースターはその次くらい嬉しい。持って寝ていいか親に聞いたもん

2019/09/03 03:49

b.hatena.ne.jp

 

カラースターとは何なのか、いつ、何のために買って、何に使うのか理解できないという増田につけられたコメント。カラースターはもらうと嬉しいものだということを、ビックリマンチョコで当たりとされるヘッドのシールを初めて入手したときに次ぐほどだと、比較して説明する。「持って寝ていいか親に聞いたもん」という文はおそらくビックリマンシールのことであろうけれど、ここで話題にしていてるのはカラースターであって、前文の主語もカラースターなので、一般的には次の文でその対象についての記述が省略されている場合はカラースターのことを指すのではないか。カラースターを持って寝ようとしたとしたら、何と微笑ましいことか。「聞いたもん」と語尾がかわいいのも高ポイント。

 

 

パンチラをしてみたいんだが男がやっても逮捕されない方法ある?

海パンなら兵器かもしれんが、俺なら合法でも通報する

2019/11/26 15:08

b.hatena.ne.jp

 

何故かパンチラをしてみたいという謎の増田につけられたコメント。どういうわけだかされるはずもない逮捕を増田は恐れていて、それも謎なのだが、ここでmopo123氏の返しもなかなか謎が深い。「兵器」が「平気」のタイポであろうことは想像に易い。つまり、前半部では「海パンなら平気」としているのだけども、続く後半部では「通報する」とされており、どうしたこれじゃあ全然平気じゃないぞ。しかも「合法でも通報する」とされており、いったい合法とは何だったのかという気持ちになる。合法なのにもかかわらず通報された警察官はいったいどうすればいいんだ。このごく短いコメントの中に、謎と矛盾とを詰め込んだ秀逸な表現と言える。

 

 

 

というわけで今年はすべて増田につけられたコメントからの選出になってしまった。私がほとんど増田しか読んでないんだから仕方ないね。日に日にはてなブックマークから離れてしまいつつあることを感じる。

ちょっと前にTwitterでも呟いたことではあるんだけど、*2 はてなブックマークはもっと未知との出会いにあふれた場所だったはずなんだ。いろんな人がいろんな意見を忌憚なく書き込むことで、思いもよらなかった発想に出会うことができた。それはTwitterで眺めるよりもずっと効率的だった。でもそれが失われてきているように感じられる。

もうブックマークコメントでは"忌憚なく"意見を書き込むことなんてできなくなったのかもしれない。私は以前よりもはてなの治安が悪くなったとは思っていない。以前のような脅迫染みた書き込みを見ることはほとんどなくなった。だけど、数が増えたためなのか、同調圧力のようなものを以前より強く感じるようにはなってきた。はてなに限らずネット全体が、ネットの向こう側にいる他者への思いやりを求めがちになってきたこともあるかもしれない。

あるいは、たまに言われているように、ユーザーの質が落ちてしまったのかもしれない。知名度を得て て活躍の場を広げたユーザーが、はてなを巣立ってはもう戻ってこなくなることは珍しくない。リアルな命を失ったユーザーもいる。もちろん新規ユーザーも増えてはいるし、彼らの中にも優れた見識眼と発信力を持った人だって少なくないことだろう。けれどもそれらは目立ってこない。数が増えているにも関わらず、どうも印象としては、以前のほうが活発だったように見えてしまう。同じような書き込みしか見えてこないのだ。せっかくヨッピーとおつね氏がバトっても、どうも盛り上がりに欠けてしまう。ハゲ子*3やラフダボルジィロ*4*5のエントリーが読みたくなってしまう。歳をとってしまったことを実感する。はぁ。

 

 

chikada.hatenablog.com

 

chikada.hatenablog.com

 

chikada.hatenablog.com

 

chikada.hatenablog.com

 

chikada.hatenablog.com

 

 

 

 

インターネットを信じるな

この前、Twitterでも書いた件。

 

 

「夜爪を切ると親の死に目に会えない」っていう昔からの言い伝えみたいなものがあって、ここで「親の死に目に会えない」というのは、ただ臨終に立ち会えないというだけではなく、親よりも先に死んでしまうからという意味だというツイートがあった。ネットで調べて知ったという。*1

そんなことあるか?と思うわけで、ググってみる。

まず、「死に目」。

コトバンクデジタル大辞泉大辞林による意味が掲載されていて、どちらも「死に際。臨終」とされている。*2 表記ブレはあるが、どちらも「親の死に目に会えない」を用例としている。用例としながら、「親よりも先に死ぬことを示す」というような解説は記されていない。

続いて、「夜爪」もコトバンクで調べてみる。*3

デジタル大辞泉では、「夜に爪を切ること。親の死に目に会えないとして忌む俗信がある」とされる。死に目に会えないの解釈に関する記述は無い。

大辞林の記載は、「夜に爪を切ること。親の死に目に会えないなどといって忌まれる」となっている。やはり注釈などは無い。

精選版 日本国語大辞典の掲載もあり、「夜、爪を切ること。「世を詰める」として、これを忌みきらう俗信があり、親の死に目に会えないなどという」と記されるが、ここでも親より先に死ぬなどの記述は見られない。

ではインターネットで調べたという「自分が親より先に死んでしまう」の意味はどこで見られるのか。

「死に目に会えない 意味」でググると出てきた。

 

 

ずっと「親の死に目に会えない」という言葉は、「そんなことをしていたら親の死に目に会えないぞ」と言って、人を戒める言葉だと思っていた。つまり、親が「臨終の時=息を引き取る瞬間」に立ち会えないことだと…。

ところが、調べてみるとそうではなくて「親より先に死んでしまう」という意味だった。インターネット環境が進歩して、家でも職場でも常にネットにつながる生活なので、疑問に思った瞬間に調べることができるので、そういう覚え間違いというか、勘違いに気づくことが最近はよくある

「親の死に目に会えない」の本当の意味は…: 幸せ一定の法則 〜人は誰も幸せになるために生れた

 

このブログ記事は、自分が親の臨終に立ち会った経験を描いたものであり、「親の死に目に会えない」という日本語表現が主題ではないようで、「親の死に目に会えない」に関する記述は上記部分のみ。根拠となるリンクや出典は皆無だ。ブログ記事の書かれた2012年8月以前にはインターネット上に何らかの情報源が既にあったということだけがわかる。

 

同じく2012年の別のブログ記事にはこんなものもあった。

この「夜中に爪を切ると親の死に目に会えない」の由来にはいろいろな説があります。

 Wikipediaによると、"様々な諸説があり、はっきりとはしていない"としていますが、「夜爪→世詰(世を詰める)」という言葉遊び(?)的なものという説が書かれています。

 おせち料理の意味 ~海老、昆布、栗きんとんなど24種~でたくさん紹介しましたけど、昔の日本人は言葉遊びというか、ダジャレというか、ゲン担ぎみたいなものが好きでしたし、私はこれが最有力だと思っていました。


 あと、この「親の死に目に会えない」はそのまんま親の臨終に立ち会えないという意味だと昔は思っていたのですけど、自分が先に死ぬから死に目に会うのは不可能って意味だったんですよね。世詰説を聞くまでは勘違いしていました。

 Wikipediaによれば「夜中に爪を切ると早死にする」というバリエーションもあるそうで、こちらはそのものズバリです

夜に爪を切ると親の死に目に会えないに隠された教訓 - 知識連鎖

 

ここにきて納得が得られた。やっぱりまたWikipediaかと。

Wikipediaの迷信の頁には、「夜に爪を切ると親の死に目に会えない(夜に爪を切ると「夜爪(世詰め)」といって早死にする)」という記述があり、これは2006年5月に記されてから2019年12月現在まで編集されることなく残り続けている。*4 *5

 

ではこのWikipediaの記述がデタラメで、それがあたかも真実かのように広まってしまったのか、と言えば必ずしもそうとも言い切れないから面倒くさい。

この「夜に爪を切ると親の死に目に会えない(夜に爪を切ると「夜爪(世詰め)」といって早死にする)」という記述、ふつうに読めば、括弧の中は「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」の言い換えだと思うだろう。

だけど括弧の意味するものが対比であれば間違いとは言えない。

 

『故事・俗信 ことわざ大辞典』(小学館 1982)p.1207に、「夜、爪を切ってはいけない」は“各地で言う”とあり、他に、夜に爪を切ると「親の死に目に会えない(各地で言う)」、「牛の爪になる(和歌山県)」、「思う事が叶わない(山梨県)」、「怪我をする(青森県)」、「盗賊が入る(千葉県上総地方)」、「長病気する(石川県)」、「早死にする(福島県)」「夜道が怖い(京都府)」など地域によって異なる俗信として多数列挙されている

「夜に爪を切ってはいけない」といわれるのはなぜか。 | レファレンス協同データベース

 

夜爪は各地に伝わる伝承であって、そのバリエーションは様々ある。

Wikipediaの記述も「夜に爪を切ると親の死に目に会えない、または「世詰め」といって早死する」という意味だと読むこともできる。

最もメジャーな伝承を記したところに、それとは少し異なるものも括弧書きしたとして、それは必ずしも間違いではない。

そしてその記述を対比でなく言い換えだと受け取っても、それを責めることは自体はなかなか難しいが、

しかし「死に目に会えない」とは本来「親よりも先に死んでしまう」という意味であっただとか、「死に目に会えない」のは親より先に死んでしまうからだとするのは、やはりどう考えても間違いだ。*6

 

どうやら我々の脳は、既知の情報を一旦共有した上で、それは実はこうこうなのであるという情報の上書きに対して、あまりに脆弱なようである。

Wikipediaがデマの温床となりがちなのはある程度仕方がない部分はあるにせよ、今回はWikipediaに当たってさえいないままに、素朴に信じている人が多そうなのも怖いところ。

医療などの分野に関しては、命の危険につながることもあり、インターネット上での誤った記述に関して度々反駁がなされているけれども、人文科学分野に関しては稀だ。

たしかに民間伝承がどのような意味を持つかなんて間違って伝わったところでただちに影響はない。

だけれども言語や伝承、生活様式などの分野の厄介なところは、多くの人が間違った情報を信じて、それを使い続けると、かつて間違いであったもののほうが新しい真実に変わってしまうことだ。

多くのビジネスマナーがここ10数年で捏造され、江戸しぐさなんて文科省が採用するに至った。

我々の知性はいったいいつまで敗北し続けるのか。

今年買って良かったもの一位はダイソーのポーチ

ダイソーのポーチがめっちゃ便利という話。
正直別にダイソーのである必要はなくて、安くて、小さい、口の閉じられる、袋状のものだったら何だっていいような気はする。この際そんなに安くなてもいい。1000円分くらいの価値はある。

要はバッグインバッグだ。
仕事用とプライベート用と、大きいかばん用と小さいのと、入れるものは同じなのにわざわざ入れ替えるのが面倒くさい。といってもそんなに多数を持ち歩くわけでもない。リップクリームと目薬とのど飴とハンドタオルと、まあそれくらいだ。だからよく使うバッグ3点にはそれらを標準装備さえる体制をとっていたんだけど、そうするとあまり使わないかばんで出かけるときに持ち忘れてしまったり、のど飴を切らしてしまったのは覚えているけどどのかばんに補充したらいいのかわからなくなってしまったり、このリップクリームいったい何年前に買ったやつだよ……みたいな現象が発生してくる。

そこでバッグインバッグが必要になるわけだけれども、市販のバッグインバッグを使うほど多くのものを持ち歩くわけでもないし、むしろ普段遣いのバッグのほうが小さくて入らないじゃないか。ということでダイソーの布を四角く縫ってファスナーを付けただけのものが必要になる。自分で布を四角く縫ってファスナーをつけようとすると原料だけで500円くらいするのに、ダイソーなら完成品が100円で買えるすごい。
ダイソーの薄っぺらいポーチならA5サイズの小さいバッグにも問題なく入る。大きいバッグならポケットに収まる。どこに行くにも適当なバッグにこいつと財布とキーケースをぶっこんでおけばとりあえず死なずに済むようになるのは超絶便利だから全国のダイソー好き、ダイソーを愛する者たち、ダイソーを憎む者たち、すべてのダイソー関係者に伝われ。