読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年ぶりに眼鏡を買った話する?

10年のあいだ大事にひとつの眼鏡を使い続けてきたんだとかいうわけじゃなくて、そもそも眼鏡なんて必要なかったんだよね。眼鏡が必要なほど目悪くないんだ。じゃあなんで眼鏡を買ったのかというと、若気の至りってやつだ。
眼鏡キャラ。元気な天然キャラが主人公なら、体育会系のイケメンと、蘊蓄を語りたがる眼鏡が、その両脇に置かれがちだ。その眼鏡のほう。無鉄砲な主人公の言動に対して正論を吐いては眼鏡クイッてやるやつ。あれがやりたかったんだ。できるだけイラッとする感じにしたかったから、緑の太縁のオシャンティなやつを買った。我ながらイラッとする。「こういうの誰が買うんだろうと思っていたけど、近田さんみたいな人が買うんですね」って後輩に言われた。たぶん本来はもっとオシャンティな人が買うものなんじゃないかとは思う。「オシャンティ」ってなんとなく嘲笑的なニュアンスが込められているイメージだったけど、検索してみてもそんな記述はどこにも見られずちょっと驚いた。
視力云々以前に眼鏡が欲しいから眼鏡を買ったのではあるが、せっかく安くない買い物をするのだからと視力を測って矯正のあるレンズを付けた。いくらか視力が低下している自覚はあった。PCを買って使い始めた頃だったので、その影響もあっただろう。しかし、測ってみると意外にも近視はほとんどなかった。そのかわりに乱視があった。乱視が何であるか、それは未だによく理解できていない。丸いはずの眼球が歪んでいるからどうこうとかいう話だったような気がする。知ったところで視力が回復するわけでも、何か対策を取ることさえもできないんだからどうでもいい。とにかく、近視ではない何かであることは確からしい。その乱視用のレンズを入れてもらった。
矯正の入った眼鏡をかけると、たしかによく見える。なるほど、離れたところの文字も見えやすい。だけど、視力に不便があったわけでもないし、はっきり見えるようになったところで世界が変わったりはしない。比べるとたしかによく見えるのだけど、比べなければ気付かない程度の違いしかない。眼鏡を装着していることの違和感のほうが大きかった。眼鏡を外しているほうが楽だった。眼鏡をかけるのは、遠くの文字を読む予定のあるときと、眼鏡クイッをやりたいときだけになった。
ゼミ合宿のようなイベントがあった。正確にはゼミでもなんでもない。教授と仲の良い人たちが集まって旅行に行っただけだ。学園祭期間のあいだ教授が暇だったので企画された旅行だ。なのでまともにサークル活動を行っている人は除外された企画だった。そんな日陰者ばかりが10人くらい集まって奈良に行った。そこで事件は起こる。紛失したのだ。おそらくはクイッした眼鏡を外してどこかに置き、そのまま放置してしまったんだろう。どこに置いてきたのか、まったく記憶になかった。心当たりもないんだから探すこともできず、かといって、訪れたところを手当たり次第に電話で問い合わせるほどの愛着を眼鏡に抱けてもいなかった。いくらか残念ではあるが、眼鏡は諦めることとした。眼鏡の購入から一ヶ月足らずでの出来事だった。
あれ以来、だいたい10年ぶりくらいに眼鏡を買った。