読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駒崎-小飼対話

昨日のやり取りを見ていて、Twitter面白いなと思った。

 

 

 

 

全部貼り付けていくのも面倒臭いし、リンク跳べばひと通りのリプライは見ることができるんで永遠と貼っていったりはしないけど、一番印象的だったのは下のTweet

 

 

普通はあり得ないんだよ、14万円払って7千円のものを得るなんて。あまりに不合理。馬鹿じゃないのかって話。でも、そうじゃないんだって駒崎氏は言う。何万円あったって払う相手がいないんだ。何万円あったってって、実際にいくらでも金があるなら無認可保育所入れたりベビーシッター雇ったりっていうこともできるんだけど、それができるのは金が有り余っている人だけで、そうじゃない普通の人や貧しい人にとっては、たとえ負担が増えたとしても保育施設が増えた方がずっとマシだっていう考え。増税分じゃシッター代にはならないけど、増税することで保育所に入れることができるようになる。そこでようやく選択肢が生まれる。合理主義的な、最大多数の最大幸福とは違った考え方ではあるが、なるほどこれも一理あるなと思えた。支持はできないけど。

こういう生の対話を見て、その人の意見を知ることができるTwitterってすごい面白い。さらに面白いことには、相手が弾小飼氏から牙龍一氏に相手が移って、今朝もリプライを繰り返している。すごい。